Simple Site

MR転職

MRからの転職

MRが将来も生き残っていくのは、なかなか大変、という実感を持って日々目の前の仕事に追われているMR職の方も多いのではと思います。

もっと自分のキャリアについて考えないと・・・と思いつつも、忙しさもありつい忘れてしまう。
後発医薬品市場は追い風もあって伸びていますね。

しかし、先発品メーカーはさらに厳しさを増している状況ではあります。

そんなに簡単に新薬の上市もありませんし、営業計画、どうやった達したら良いものか・・・と戦略の見直しを迫られている方もいるかもしれません。

MRのリストラは一段落した感はありますが、昔見られたような積極的なMR中途採用などは期待は出来ないのではと思います。

高待遇は引き続き、というMRですからこれからも生き残っていくには、専門性を高めていく、メディカルサイエンスリエゾンを目指す、など、結局は価値を高める事が重要になってくるのかもしれません。

大変さはもちろんありますし、思い切ってMR以外に転職しようか、と転職活動をスタートされる方も実際、いらっしゃいますね。

その場合、年収ダウンとなる場合がやはり多いですから、そこに関しては納得した上で転職活動をする事が重要といえそうです。

MRほど高年収の仕事って、なかなかありません。

歩合制の営業職に転職したとしても、他業種に行くと営業方法が全然違うんですよね。

そのため通用せず、さらに転職してまた年収ダウンして、といったスパイラルに陥る方もいたりするようです。

出来れば、MRの経験を活かしたり、医療業界の知識を活かして働く事が出来ると良いですよね。

MR経験を活かし、MR以外の職業へ転職

転職エージェントを利用して相談する事で、道が開ける場合もあります。

自分一人で考えていても発想や情報には限界がありますから、その道のプロ、多くの情報や選択肢を知るエージェントを活用するのは、とても良い方法と思いますね。

新薬メーカーにとってはまだまだ厳しい時代が続きますから、出来るだけ早い時期に、これからの自分自身のキャリアについて考えて、目標を定めてみることも良いかもしれませんね。

年収に関してのこだわりを捨ててみると、結構いろいろな選択肢(仕事)が見えてきたりします。

まずは情報収集。

それから色々と考えてみても良いですね。

記事一覧